最小受注量に差が生じる

最小受注量に差が生じる

化粧品OEMを請け負ってる会社は多数あるが、会社によりまして特徴や製造可能品目、規模やアフター内容などが異なるのでしょう。安定した品質で製品を製造・提供するようには、適正ロットといいますのがあげられます。

化粧品OEM会社を選ぶ際にチェックやりたいポイントを分かってもらいやすいように解説。化粧品OEM(OriginalEquipmentManufacturing)とは、自社ブランドとして販売やりたい製品の開発・製造を、専門の会社に委託すること。

一般に、小ロットから中ロットまでの製造が得意な会社は、比較的高価格帯の製品を手がけることが多め。OEM会社を選ぶ際には、以下にみようかなポイントに気をつけるようにしましょうと純良でしょう。

OEM会社はおのおの保有する設備や工場などの規模が異なるため、最小受注量に差が生じるからだ。近年では小ロットに対応するOEM会社が増加しいるが、化粧品づくりに大切なのは「品質の安定」。

大量ロット(10000個〜)になると、比較的低価格での製造が可能となるんです。発注やりたい個数(ロット)での製造が可能かどんなふうにかを確認しよう。

対応ロット、製造可能品目・開発力、工場の有無、薬事法への対応など、事前にご存知おきたい情報が満載です。適正ロットを明確な理由と共に提案してもらう、そうした信頼出来る会社を選ぶようにしたいものでしょう。

化粧品OEM会社選びはココをチェックしてみてほしい。希望するロットでの製造が可能なんでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ